釣り用品 ルアーをつかってみる

ルアーのほとんどが 水に浮くタイプなんですが、 中には 沈むタイプもあるようですね。丸みを帯びたミノーっぽいタイプで ミノーと比べると 大きなリップをもつ体部を クランクベイトとよびます。 リップが 体側にそってまっすぐ深く潜ることができるんです。狙いを定める水深によってシャロークランク、ミドルクランク、ディープクランクと分類されるんですよ。ミノーみたいにほぼ全てが水に浮くフローティングタイプが多数でなんですが、サスペンドタイプも存在するんですね。 アメリカの湖にいるニシン科の小魚で ブラックバスの主食となる魚を シャッドっていいます。この小魚をイメージして作られたのがシャッドプラグなんですよ。サイズは小型プラグがメインでリップが長いのが特長であるといえますね。動きはダートを起こすヒラ打ちアクシってご存知でしょうか?フローティングとサスペンドタイプの2つのたいぷがあるんです。リップレスクランクともいわれて横から見てみると平行四辺形の魚で、左右からつぶされたような薄いボディボディになってるんです。別のプラグでは口付近にあるアが頭頂部にあり結果下を向いた姿勢で泳ぐんでしょうね。