釣り用具としてのルアー選び

その始まりは1800年代の イギリスのテボン系 ルアー 有名で その前にも ルアーぽいものは存在していたんですが、1700年ごろのが始まりみたいです。日本は すでに その時代に すでに漁で エギ や  ツノって呼ばれる ものが存在していて 日本固有のルアーだったそうです。
日本は 魚都の関わりが深いのでそうかもしれませんよね。ルアーの中のはどルアーについて考えたいと思います。 ハードの意味は 硬いってことで 素材が硬いことでそう呼ばれており、プラスチックや木 金属を加工して作られます。最近では材質もさまざまになり、一概に ハードか ソフトかでは なく中間のものも多くあるようです。プラグ 木またはプラスチック セルロイドで立体的な ハードルアーをプラグっていいます。 浮力は高く見ずにうくんですが、おもりとのバランスで沈むもんもあるようです。

昔は 木製だったようなんですが、今は プラスチックう製がおおいようです。 しかしながら、マニアには 木製を好む方も多いようです。小魚の形をして 口の部分に リップと呼ばれる プラスチックを含む樹脂で舌の形をした部分があるのです。 これが 水流を受けると 水を逃がすように左右に体を振動させて泳ぎます。