100年後の釣

100年後つりってどうなってるんでしょうね。釣って人類がはじまってから、食べる手段として発展してきて、現在に至るのですが、100年後はなにかかわるでしょうか。道具については素材が変わるかもしれませんよね。現在もカーボンなんかも主流に使われていますが、そのつぎに来るそざいってなでしょう。かるくて丈夫っていうのはきほんだとおもいますが、そんな素材はいまもあるのでしょうかね。つる方法についてかんがえてみますが、それはあんまり変わらないかもです。もっと、ツアーのさきに通信機器がつく可能性はありそうです。そこから、魚の群れを等を探知しながら、ターゲットをさがしてみたりとか ちょっと、楽しみとしては減ってしまうのかもしれませんが、そういった流れが来るかもしれません。また、ルアーがロボット化する可能性はるのではないでしょうか。ロボット化すると、魚を自ら探しそして、食べられにいくのです。それは結構実現可能にあるといえるでしょうね。そうなると、釣の目的がかわって面白くないって方もおられるでしょうが、それも、時代の流れで初心者を取り込むにはいいかもしれません。そうやって、時代がかわれど、釣というものは存在しているのではないでしょうか。時代はかわても、魚を釣る楽しさはかわらないでしょうね。