初心者が使う釣道具

次にフライロッドことの説明をしていきましょう。このフライロッドは硬さによって、ラインの太さが決まっており「#2~3」というふうに竿に表示されています。また、この数字が「#2~3」ならばラインは2~3番のラインを使うということです。ラインは1~12番まであり、渓流で使う場合は3番が適しています。どこかの 湖でトラウト(鱒)の場合は6~7番、カツオやマグロであれば12番が適していますね、目的におおじてかえるといいとおもいます。
渓流竿について説明してみましょう。渓流竿の長さは5m前後で、伸び縮みするタイプ竿がほとんどでとても軽くなっています。それはまた、渓流竿は持ち運びしやすいように縮めると50cmくらいになります。これは、一部マニアに人気の鮎竿です。鮎竿は伸び縮みする振り出しタイプの竿で、軽くて丈夫にできていて10mくらいの長さでも片手で扱うことができます。このあたりは好きな人はすきですよね。一度はちゃんとやってみたいものです。
ヘラ竿について考えて見ます。ヘラ竿はほとんどが継ぎ足して伸ばす並継タイプで、長さをメートルやフィートではなく尺を使って表します。短い竿で7尺約、2.1m、最も長い竿で28尺8.4mあります。これらは当然といえますが、釣る場所や釣り方によって竿の長さを変えていきます。

では初心者の竿はどんなものがいいのしょうか。釣り初心者が最初に使う竿は、万能竿や渓流竿にリールが付いたものがおすすめです。この竿だったらほとんどの釣りに使うことができます。