釣とその方法について

次に磯竿ってのがあります。
磯竿は5m前後が主流で、竿の硬さを3号といった数字で表わし。数字が小さいと竿はやわらく大きいと硬くなります。さおの硬さによってつる魚を選別するイメージなんです。これも結構シンプルな構造ですね。0~1号の軟らかい竿はメバルやクロダイ、イサキ釣りに向いています。2~3号の竿であれば、沖磯や離島の大型メジナなどに向いています。4~5号の硬い竿では、遠くへ投げる投げ釣りとかの相性がいいです。

また、磯竿にも道糸を外のガイドを通すタイプと、竿の中を通す中通しタイプがあるのをご存知でしょう
またそれとは別に船竿というものがあります。それは船竿は短めの竿で2~3メートルのものが使いやすくなっています。船竿を選ぶ場合は、先が軟らかく胴の部分が硬いくて持ったとき軽いのがいいですねそれはまた、使うさおによってに対して少し重めのオモリを選ぶといいですよ!

ルアーロッドというタイプのものがあります。ルアーロッドにはスピニングタイプとベイトタイプがあります。競技釣のブラックバスに使うなら長さは5.5~7ftが適しています。ヤマメやアマゴなどには6~8ft、シーバスであれば8~9ft、カンパチやソウダガツオなどの青物は11~12ftの竿が適しています。それら目的におおじてつりさを選ぶといいと思います。