釣り用品 ルアーの特徴

ルアーの種類にはさまざまな特徴をもりあわせていたり、また、ペンシルベイトはウォーキング・ザ・ドッグとスキーイングに分けることができて ウォーキング・ザ・ドッグは直立し、スキーイングは斜め立ちすることでも有名です。大きく口を開けた魚の姿をしているルアーをホッパーってよぶんです。

糸を瞬間的に強く引くと、勢いよく顔を水中に突っ込んできます で、そのときにカップ状に開いた口が空気を巻き込んでコポンコポんこぽんと音が出ることから、ホッパーとよばれているんです。この音を英語では pop と表現し、 popper の名前が付いた。製品によってこの音の感覚や、飛沫の飛び方が微妙にかわるんですよね。水面で捕食中の小魚をモチーフにしてるってしってましたか?アクション時の移動距離を抑える目的で後ろのフックにスカートや羽根飾りがついていて結構なレパートリーがあるんで収集家にはにんきがあったりしますね。ペンシルベイトのような棒状のルアー本体の前後に、1枚ないし2枚の金属製のプロペラを持つっていて プロペラが1枚だとシングルスイッシャーと呼び、2枚だとダブルス一シャーと呼ぶタイプのルアーがあります。これを引くと水流でプロペラが回転し、その音の感覚や波の状況や、プロペラのきらめきなどで魚になんとアピールするのがこのルアーの特徴ですね。プロペラが1枚だけのものをシングルスウィッシャーっていって前後に2枚のものをダブルスウィッシャーっていうんです。