ペット供養 一任合同火葬

ペット産業が年々盛り上がりをみせ、飼い主もあれこれペットにお金をつぎ込む風潮にありますが、葬儀にまでは費用をかけられないというのも現状です。でも自治体の施設に持ち込むと、何と一緒に火葬されるかわからないといった不安があります。その場合は“一任合同火葬”がおすすめです。

費用はかけてあげられないけど、精一杯の供養をしてやりたいという飼い主の気持ちに寄り添ったプランとなります。他のペットたちと一緒に火葬し、一緒に納骨する供養方法ですから返骨はできません。

自治体のペット火葬では不安を感じる。

火葬後も納骨し、供養塔で合同法要などをしてあげたい。

飼っているペットではないが可愛がっていた犬や猫が亡くなった。

など、一任合同火葬は、こんな方におすすめの火葬です。

ペットたちは飼い主の愛情に触れることができ、幸せいっぱいで旅立っていきます。飼い主がしてくれる最善の供養をペットたちはきっと喜んでいます。飼い主自身が後悔しない火葬・供養を選ぶことで気持ちの整理をつけ、明日から元気で過ごすためにも大切です。