ペットの供養 一任個別火葬

施設のセレモニースタッフに任せる“一任個別火葬”は、出棺からお別れまでを飼い主家族で行い、その後の火葬は立会をせずに骨上げから納骨までをセレモニースタッフに一任して行ってもらうペット火葬のことです。

ただ任せるだけではなく、個別に火葬をし、その後施設の合同納骨供養をされたい方などの火葬方法です。基本的にはお手元に遺骨は残りません。

施設によっては、ペットのご遺体を自宅まで引き取りにきてくれて、個別火葬後に自宅まで返骨してくれるサービスを行っているところもあります。

飼い主自身がどこまで供養に携わるか、また火葬後はどのような供養を望まれるかにもよるので、事前に確認をしておいた方がいいでしょう。

個別火葬をしてあげたいが、施設まで出向くのが困難だったり、お別れは自宅でしっかり行うので、火葬から納骨まではスタッフにお任せしたいという方におすすめです。

また両親や子どもが飼っていたいたペットの火葬を代理で申し込む方などがよく選ばれている火葬方法です。

火葬後は、合同納骨が一般的なようですが、個別納骨も可能な施設もありますので、いろいろと調べて飼い主ご自身に合ったプランをお選びください。

また、訪問ペット火葬でも一任個別火葬は可能です。ご自宅で見送ることができて、ご家族が揃う夜間でも訪問してくれるところが多いので、最近では選ぶ人も多くなっています。ただ気を付けたいのは、自宅が最後のお別れの場となり、飼い主のとっては少々不安も残るのは事実。

葬後のお骨はどこに納骨されるか、納骨場所や納骨の時期、またお参りと御参拝方法などをしっかりと確認するようにしましょう。

火葬後の合同納骨に関しては霊園施設も同様、場所と時期、法要、参拝方法などを事前に問い合わせをし、飼い主のライフスタイルに合った供養方法を決められるのが一番ではないでしょうか。