ペット葬儀の変化。

ペットを家族の一員として飼っている世帯が多く、ペットへの思い入れもひときわ。食事に始まり衣装や部屋まで、なにからなにまでペット専用で一色に。最近はペットが亡くなったあとも本格的に供養を行なう人も増え、ペット火葬から納骨・埋葬、お墓に至るまで人間以上に立派な葬儀に。

以前は治自体に亡骸を預けるだけで、どういうふうに火葬されているのかもわからない状態でした。今ではペット専用の葬儀会社も増え、自宅の前まで火葬設備が整った車で駆けつけてくれて、飼い主の目の前で火葬を行なってくれるので、わざわざ火葬場に足を運ばなくてもよくなっているので、ペットを手厚く供養する飼い主も急増しています。

民間業者をはじめ、寺院が運営する火葬施設、納骨施設が急激に増えてはじめ人間並みに、いやそれ以上に手厚く供養するのが当然のようになってきています。ペット火葬に関しては、シンプルな火葬と骨上げのプランから船上火葬というプランも存在します。

様々なペットの火葬や納骨といった供養方法はありますが、ペットにとっての一番の供養は、楽しかった思い出を支えにまた飼い主が元気を取り戻してくれることかもしれません。