ペット葬儀のトラブル

近年のペットブームにより、ペットの火葬を扱う会社が増えています。それに伴って、様々なトラブルやクレームが、国民生活センターや口コミに寄せられているのも事実です。悪徳業者や心無い業者の存在は実際に存在します。ペットの死を突然迎えて、慌てて業者を選んで嫌な思いをしないためにも、よくあるトラブルやクレームをご紹介しましょう。

■ペット火葬を依頼の際に、電話で聞いた金額と、実際請求された金額と大きく違った。

■24時間365日対応と宣伝しているのに夜中電話をしても全くつながらなかった。

■怠慢な電話対応と強い口調でこちらの想いや相談を聞いてもらえなかったので断ろうとしたらキャンセル料がかかると言われた。

■電話で、火葬や葬儀などの内容を聞いて決定したいのに、予約決定でないと答えられないと言われた。

■家族としては火葬炉の蓋がしまる所まで、見届けさせてもらえると思っていたのに、別室で待つように言われ、待っていると、今火葬が始まりましたと言われ、とても残念な気持ちになった。

■火葬が始まり、待っている間にやたらとメモリアルグッズを紹介され、購入を強制されて困った。

■ペットを個別に火葬してもらうように依頼していたのに、手違いで他のペットたちとの合同火葬になってしまった。遺骨が混ざるので遺骨拾いもできなかった。

■車での火葬をお願いしましたが、大雨の中で車の荷台に乗ったペットの骨を拾わされた。

■火葬承諾書にサインをしたら、実際にはそれは火葬と納骨棚の予約サインだった。その後、多額な請求をされた。

■ごみ焼却施設の横に火葬場所があり、あまりいい気持ではなかった。火葬場くらい、事前に見学するべきだった。

いかがですか? よく聞くトラブルやクレームだけでもこれくらいあります。ペットが突然亡くなっても慌てないためにも、よく調べたり、事前に見学することをおすすめします。