ペットの火葬、その後の供養法は?

経済的や住まいの環境などにも大きく左右しますが、ペットの葬儀に関するプランは、ニーズに合わせてさまざまな内容で打ち出されています。しかし、まだ手元に長期間置いて供養したいという飼い主も少なくなく、ペットの納骨や供養方法の多様化の時期に入ってきています。

ペットの納骨にはこの様にしないといけないという決まりはありません。

ペットを家族同然に接してきた飼い主にとっては、できる限り人間に近い形で供養されることを希望しています。

飼い主によっては、霊園や納骨堂で供養したいという方もいれば、飼い主自身も高齢で納骨堂に供養しにいけないので、火葬だけを業者にお願いして遺骨を手元に置いて自宅で供養をしたい、また、火葬後の遺骨は海に散骨したい、木の下で樹木葬をしたいなど、多種多様な納骨方法を希望する飼い主も増えています。そういった飼い主の考えや、意向に親身になって相談にのってくれるペット葬儀業者がこれからは残っていくのだろうと考えられます。