ペットとの突然の別れに備えて。

犬や猫などのペットを飼い始めて5年10年経つと、病気や加齢でだんだんと別れのときが近づくのが感じられます。もし、長年一緒に生活したペットの愛犬、愛猫が亡くなったら…。

ペットを家族と考える飼い主がほとんどで、できる限り感謝の気持ちを込めて旅立ちの準備をしてあげたいと願う人は少なくありません。
ペットとの別れは突然やってくる場合もあります。そんな時に慌てないためにも、事前にペットの埋葬方法やペット霊園を確認しておきましょう。

では、ペットの埋葬方法には一体どんなものがあるのでしょうか?

一番身近にあり誰でも利用しやすいのは、治自体などが行なっているペットの火葬です。火葬といえば聞こえはいいかもしれませんが、いわゆる“焼却”です。ペットの亡骸を持っていけば、何頭か集まるまで保管し、まとめて火葬にしてくれる治自体や、ゴミなどと一緒に焼却する治自体など方法はさまざま。家族同然のペットたちのことを考えると複雑な気持ちになりますよね。また、自宅の敷地や所有地が広くて近隣に迷惑がかからないのであれば、土葬をしても法律的には問題はありません。ただし、土葬にする場合は掘った穴が浅いと臭いの問題や他の動物が掘り起こす可能性があるため、かなり深く掘り下げ、しっかりと盛り土をしなければなりません。これは相当労力の要る作業です。衛生面のことも考えると、やはり土葬より火葬がおすすめです。火葬はペットのためでもあり、飼い主のためでもあるのかもしれませんね。

今では24時間365日ペット火葬に対応した業者も多く、ペット火葬炉を装備した車でご自宅まで訪問。自宅前で火葬することもできるので、これなら高齢者の飼い主も安心ですね。この、移動火葬車は、車に社名等が入っていないことも多く、煙や臭いやもほとんどでないような仕様になっています。周囲を気にせず、ペットの火葬を自宅近くで行なうことができるのです。