釣り用品のルアーで釣るには

ルアーの中には トップウォーターでありながら下あごが水流を受けてたりしてリップの役目とかをるすのでミノーのように浅く潜ることができるんでしょね。それで、潜る時に水を巻き込んでゴボッボボボと音を出すんです。ポッパーとミノーの中間に位置するルアーなんですよ。あた、製品によって形状の違いが大きい上使用方法さえあいまいなため、表舞台に立つことの少ないコアなルアーとなっていてマニアには人気のようですね。ルアーの ボディはゴムのような柔らかい素材をつかって、カエルやネズミを模していることからフロッグと呼ばれるルアーがあります。その尻部分に脚パーツとかラバースカートが付属するものが多いのですよ。中空または固形になっていて軽いうえ、水に浮くのであつかいにくいかもですよね。針はボディ表面にぴったり沿うような作りになっていて突出しない形状なたきわめて根がかりしにくいのが特徴と言えます。柔らかなフロッグの場合、捕食魚が噛みつくと樹脂製の柔らかいボディーから針がむき出しになってフッキングするんです。特別なリアクションはしないので 水面を泳ぐカエルやネズミをイメージして動かすことができるんです。そしてなんと葦の中やリリーパッドなど、ほかのルアーでは必ず根がかりするような茂った場所を得意としで威力を発揮します。ただし、それらは その針の形状としては ライギョやナマズ向けなんで、ブラックバスに対しては少々フッキングしにくいので、目的に応じたものを選ぶといいでしょう。ルアーの中でもとりわけ大きく、主にブラックバス釣りに使用されるものをビッグベイトっていいます。魚を模したルアーで材質は浮力の高い木製のものから素材の軟らかいプラスチック製のものまでがあるんです。